うえblog

ヲタ系イラスト描きうえぽんのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏(3)感想

加速する町内怪騒動!(怪は“アヤカシ”って読んでね!)
夜桜四重奏第三巻です。

前巻の続きからなんですが、
だべっていたらいきなり奇襲。
この辺はイマイチよくわかりません。
てか、結構忘れてる設定とかが多くて付いて行くのが大変でした。
仕方ないので2巻読み返しましたが、
人物紹介をもっと詳しく書いて、あらすじなどもしっかり書いてほしいです。

町長の座を狙おうとするオッサン&助っ人?の厳ついオッサンなんですが、
なんでいきなりあんな暴走紛いなことになっているのか、
武力行使全開なのか、よくわかんないです…
そしてその説明じゃなく世界観のギミック説明に入ってしまったり。
ああいう世界観を取り入れるのは好きは好きなんですが、些かおいてけぼり感がありました。

なんでだろう…
姫が妖怪だと明かされたりもするんだけども、それぞれの解説にいまいちノりきれない感じ。
というのは、やっぱりキャラが多すぎて、感情移入がしきれていないのかも。

robotの漫画は特にそんな事もなく、素晴らしい作品だと思うんですが…
robotの作品は世界観の魅力を主軸としてキャラが動き、ストーリーが回って、
最後にフルカラーであることを最大限利用した世界観主導のギミックが発動し、
ヤスダ氏の彩色技術も手伝って視覚的満足感も得られるという素晴らしい構成となっています。
まあそれでも説明不足がないとは言えないですが、
氏の良い部分を最大限に活かした作品になっていると思うのです。

夜桜四重奏の方はストーリー、キャラ、世界観、どれが主軸なのかがイマイチ判らないというか
詰め込みすぎというかで楽しみどころがハッキリしない感じ。
このへんなんとか整理してほしいですね…

さて、前半がうだうだしてる分、
その分、後半の怒涛の展開は勢いがあっていい感じです。
相変わらずキャラが入り乱れてますが。
アオのサテライトからことはの列車砲、龍槍発現までの流れがそれぞれカッコよくて素敵。
やっぱりヤスダ氏は絵で魅せる作家なんだなあ、と再確認させられました。
それにしてもことははエロくていいなあ。
アオもかわいいけど。
ヒメがなぜか一番微妙…

それからいつものよざカル!これ読む度に
(こっちの方が読みたい…)
と思ってしまうのは男の性なのか…!?

あとがきもいつも通りいいかんじです。
ヤスダ氏のこのだらだら描いてるのは非常に好きです。
ちょー好き。
単行本を買う喜びの大きな一つがこういうだらだら後書きだと思うのです。
氏の語り口はとくにいい感じです。
龍槍まで入れたのは大正解だと思います。
まあ…こんなに長くなるエピソードなんだったら前巻のイバラミチ1から入れられたら
一番だったんでしょうけど…
その辺編集さんの仕事でしょ!

次巻は…多分決着してるでしょう。
次の大きな事件に入る前に、もう少し各自のエピソードが見れたらなあ、と思います。


うわ…今回長い…

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

ハチワンダイバー( 4) 感想

そよちゃんを賭けた勝負に負けた失意のハチワンダイバー。
アイデンティティを取り戻せ!
熱血師弟編です。

相変わらずヨクサル漫画はサックリ読めます。
文字やコマ割りが少なく、展開がスピーディーなため一気にページがめくられていくためです。
しかし、読後感はズッシリ重く、短いなかでも濃厚な時間を味わえる。
それがヨクサル漫画の特長かと思います。


この巻はなんと言っても二こ神さん!
まあ表紙からしてじいさんの巻なんですが、それにしてもかっこよくてシビれた。
上手く描かれた師弟モノはえてして熱いものですが、この話もご多分に洩れず、素晴らしかったです。
特に現役棋士との対決シーンから
「弟子になれ」と言うシーンまでの流れと、
巻末の「もう寝る」というセリフが好きでした。

ずっと将棋を指してると夢でまで指してるという
修行ギミックもおもしろかった。


さあ次巻、リベンジなるか!?


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

初音ミク描きました

0917.jpg




初音ミクが可愛すぎるので思わず描いちゃいました。
髪型はかなり自分好みにしちゃいましたが…
あ、あと耳?もかなりオリジナル入ってます。
元の絵の耳がちょっとよくわからなかったので。

カワユス…カワユスなあ…


特にお気に入りはコレです。



なごむ…なごむ……

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん (1)感想

脱力系漫画ぱにぽにのスピンオフ作品です。

原作は読んでなかったけどアニメの『ぱにぽにだっしゅ!』は
見てたのでなんも問題ないです。
好きだったなー、『ぱにぽにだっしゅ!』。
ぱにぽには色々とキャラがでてきましたが、
マホ子とこのベホイミが好きだったので買っちゃいました。
当時やってたベホイミラジオも途中からでしたが最後まで聞いてましたし。
それでベホイミの声優の門脇舞以さんも結構好きになったり。
舞以さんはコミックスの買い方とかも素敵。
かわいーし。

なんていう漫画内容とは関係無いオタトークを垂れ流す俺。


内容。
ベホイミちゃんカワユス。
普通っぽいところとか、ちょっとクレバーで、
ちょっと素っ気ないとことか、とても良いです。
ナイスメガネ!

そのメガネですが、ベホイミちゃんは眼鏡っ娘としては
ちょっと珍しいタイプで、目がほとんど眼鏡の反射で見えません。
これ、実はなかなか凄いこと。
絵かきとしては目は描かないと不安なもんで、
実際問題、目はキャラの魅力や感情を伝える上で最重要ファクターです。
でも、そこを逆手にとり、ベホイミちゃんは表情をあまり読ませないことで、
クレバー的な魅力をより引き出してる良い例なんじゃないですかねー。
いや、へきるさんがどう考えてるかは分からないですが。

普通っぽさ、というかなんというか、なんか普段着で部屋でダラダラ~、
とか、飾らない座り方とか、そういうのに自分は結構弱いんですが、
ベホイミはそういうところのツボをガンガンつ突いて来ます。
素敵。


まあ、原作知らなくても読めるので興味がある方は是非どうぞ。


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

金色のガッシュ!!(30) 感想

ストーリーも佳境に!
ラスボス登場の第30巻です。
今巻の自分的山場はブラゴが消えるか否かのところ。
ラスボスの当て馬になって消えてしまわないかヒヤヒヤものでした。
いやー、あれは退場してもおかしくなかった。
あ、キャンチョメに言われて気がついたけどこの時のガリガリ状態は悲壮感あったけど、
あとで考えたらとんでもなくアンバランスでおかしかったなー。

竜の神童、役割を果たして退場。
子供のくせにビールの話をしてました。
前から思ってたんですが、魔界って、子供の規準どうなってんだ…
まあそれは置いといて、パートナーとともに超悪役顔の彼でしたが、
顔に似合わず優しい思想の持ち主でした。
現時点での、ガッシュ側の最強だったのに身体が欠損しまくって、
一矢報いたのはいいですが、まるでもののけのモロの君のようでした。
あれってガッシュが魔界の王になったとしても元に戻るのか…?

猶予を与えられての修行編。
デュフォーが師匠として駆け付けてくれました。
なにやってるのか分からないモザイク脳検診や
ティオやシェリーとの掛け合いが素敵でした。

次回、キャンチョメのパワーアップに期待が膨らみます。


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

ビーチスターズ( 2)感想

熱血女子ビーチバレー漫画の第二巻。

一巻から続いて、ヒロインのへこたれない元気さと水着による健康美、
わかりやすいアクションが魅力のこの作品。
2巻ではヒロインが顧問を頼みこむ時の
あからさまなエロスが素敵でした。

20070922045628.jpg


こんなことされたらもう落ちるしかない!
まあこれを天然でやるのが、
このヒロイン(イルカ)の良いところなんですが。

一巻から引き続き部の創設を邪魔しようとする
元バレー部顧問にはイライラさせられてたんですが、
自分のせいでバレー部員が逃げていったのを知った時のショックには
少し切ないものを感じました。
次巻では味方になってくれるのを信じます。

作画の難点である女の子の顔のクオリティにばらつきがあるのはまだ直らず。
これが直ればもっと良くなるのになあ…。
しかもちょうど、そのイルカの微妙な表情が今巻のキャラ紹介で使われて、ガッカリ。
流石にもっとかわいい表情のコマあっただろ!

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

らき☆すた終了…そして感想

20070921023449.jpg


昨日、らき☆すたの最終話を見ましたが、
基本のノリはは残しつつ、最終話らしく終わらせてくれました。

最後のネタにオープニングのダンスをもってきたのも、
判りやすく素敵な演出でした。
奇しくも、というか単にスタッフのこだわりかもですが、
『ハルヒ』で最も話題になった文化祭というイベントでのラストになりましたが、
『ハルヒ』では結果や本番を主に描いていたのに対し、
『らき☆すた』では完全に過程を描いているところが
この作品っぽくて良かったです。
結局白石が持っていっちゃうのは京アニらしいところか。


キャラのはなし。
いやあ、それにしても最初はこなた以外眼中に無かったけど
最終話のかがみはかなり可愛かった!
これはもうツンデレとかそういったものを越えた何か。
言うなればかがみんだよ!(結局何だ)
良い子過ぎる!
と、いうことでイラストはかがみんで。

まあなんだかんだでキャラとしてはやっぱりこなたの方が好きなんだけども。
そういや、最初の感想のあたりではこなたの声は別に平野綾じゃなくても~
みたいなことを思っていたんですが、
終わってみれば平野以外ありえないな~。
あらためて、彼女の演技の幅広さを感じさせられました。


はあ~…
それにしてもらきすた終わっちゃうのか~…
どうしよう、最初は好きは好きだったけど思い入れは
そんなに無かったつもりなのに
終わってみるとさみしいなあ…
原作を買ってしまいそうですよ!


amazonでなんか変な機能ついてたから貼り付けてみる。



テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

ロリコンフェニックス( 2)感想

やはりこれはすごい変態漫画だ!(褒め言葉)
何か一巻より変態度数が増してるような気がする。
けどまあ一巻読み返したらやっぱりそうでもないんだろうな~。

ニート万歳!

それにしてもみあちゃんはいい子だなあ。
普通の子だったらとっくに極楽鳥は監獄行きだ…

そういや二巻からは友達の子が何人か出て来ました。
その子らにフルボッコにされてましたが、
やっぱり普通の反応はそんなもんだろう。
いやそれも普通ではないですが。

今回出てきたショートカットの子がかわいかったです。(またか)


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

今週のジャンプ

ワンピースが作者急病で休み。
珍しい。
その代原なのか、勇者学が二話掲載。
読んでないっての!
勇者学がワンピの代わりになると思うな!
金返せ!

この作品は前にも二話掲載してたけど、そんなに人気あるのかなあ…
そんなことより地味に好きなスケットタンスが二回連続最下位だよ!
やべえ!連載の回数的にも打ち切り秒読み!
ぶっちゃけ切るなら勇者学とかベルモンドとかその辺にしてほしいな~…
やっぱり地味って駄目なのかなぁ…

俺は地味でも滋味がある作品は好きなので頑張ってほしいです。

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

邦画HERO 感想

久利生



自分はドラマはあまり見ません。
ドラマを見るならアニメ見るっちゅうねん、
という感じなんですが、HEROは見てまして。

やー、キムタクは別に嫌いじゃないし、何より脚本がおもしろい。
毎週楽しみに見てましたし、ドラマスペシャルも見ました。
そして夕方の再放送まで見てました。
そしてこないだ、おかんが見に行こうと言うので見に行ったというわけです。

いやー、おもしろかった!
感動した!とかじゃないんですが、生粋のエンターテイメントとして、
楽しむための仕掛けが最初から最後まで随所にちりばめられていて、
ドラマを見た人なら十分満足できる内容でした。

やはり脚本がいいです。
キャラがそれぞれ立ってて会話がおもしろいのはドラマからでしたが、
今回の映画としての良かった部分は出てきた伏線がしっかり回収され
最後に綺麗に収束していく…
これはとても気持ち良かったですね~。
友情、努力、勝利、みたいなわかりやすい展開も良かった。
綺麗におさまりすぎだろ、というのもあるかもしれないですが
、こういる完全な娯楽作品にそういうことを言うのは野暮というもの。
素直に楽しめばちゃんとおもしろい、そういう映画だったと思います。

…あ、オカンがビョンホンの出番がが少なすぎとか言ってました。
どうでもいいけど。

イラストは久利生。
変換できないんだよ!
あ~、阿部寛描けばよかったかなぁ…

テーマ:HERO - ジャンル:映画

今日の早川さん感想

早川さん


久しぶりに漫画感想&イラスト。
今日から読んだ漫画は簡単にでもいいから出来るだけ感想を書いていこうと思います。

この漫画はビブリオマニアによるビブリオマニアの為のオタク漫画、
みたいな位置付けの本、らしいです。
自分は漫画読みであって,全く読書家でもないので
買うかどうかは迷ったのですが,たまごまごさんの推薦ということもあって
買ってみることにしました。

内容は本好きの女の子たちの日常ということで、わからない本のタイトルとかが沢山でてくるんですが、
ちゃんと注釈がついてるんで不快感はなく、わからないなりに楽しめました。
もちろん、本当の読書家ならもっと楽しめるんだろうなあ、とは思うんですが。
あ、ただデモンベインのおかげでクトゥルー用語は結構わかったのが愉快でした。
ふたぐんふたぐん。
読書家と言えば聞こえはいいですが、まあ彼女らも所謂本“オタク”であり、
アニメや漫画オタクである僕らの生態と共通するところが沢山あるというのが楽しめた一番の要因でしょうね。
オタクの性質はジャンルの垣根を越えるんだなぁ。

と、まあ早川さんはかわいいし、オタク系漫画が好きならオススメしたい内容でした。
前頁カラーなのもステキ。
購入迷っている人はとりあえず本家で読んでみてくだしあ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。