うえblog

ヲタ系イラスト描きうえぽんのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場アニメ「時をかける少女」感想

今日はイラストとともに、劇場アニメの「時をかける少女」の感想を書きたいと思います。

梅田Loftの地下のテアトル梅田という劇場でこの映画は上映していた。
12:45からだったので、12:00には到着したのだけど、
もう既に最前列しかなかったので次の回のチケットをとって見た。
時間まで学校で課題をして時間を潰した。
劇場は非常に小さく立ち見の人も大勢いのはびっくりだった。

…結論から言うと、とても良かった。
多少、声が慣れるまで違和感があったり、細かい所に難癖は付けられるかもしれないが、
主要キャラはみんな好感が持てたし、
主人公は快活で、おバカさんで、見ていてとても楽しかった。

ショートでボーイッシュという自分のツボを激しく突かれたってのを別にしても
このストーリーの基盤になれるのは彼女だけだろう。
彼女のタイムリープを通してのコミカルな行動が笑いを生み、
かつこの時期特有の少女としての繊細さが、
トキカケをジュブナイル作品として成り立たせています。

…てかまあ固い言い方はこれくらいでやめ~。
取り敢えず言いたいことは姉妹(自分は特に姉)はカワイスということ。
いやいやいや。
多分中学生以上なら大体誰でも、誰とでも、一人でも楽しめて、
感動できる映画だと思うので見れる環境にある人は是非行って欲しいです。

惜しむらくは、あんなに素晴らしい映画なのに結構スタッフに外国人が多いこと。
まあこんな言い方すると誤解を受けそうですが、こんなに素晴らしい日本のアニメだからこそ、
意地でも日本人だけの手で創って欲しいんですよ、僕は。
日本人としてそう思うわけです。
実際お金の問題さえ無ければ可能だと思うんだけどなぁ…
まぁ海外受託については色々話すと超長くなるので割愛。
実際はクオリティは高かったわけなんで作品としてはあれでいいと思うんです。
まあこれは意地(というか希望?)の問題ですな。

tokikake



…実はこの感想を描いたのは大分前なんですが、
イラストが出来たらアップしようと思っていて
そのまま長い間放置してました。
あんまり放置するとトキカケが終わっちゃうので、
描こうと思っていた構図は諦めて
簡単な構図で描いたイラストとともにアップしました。

んで壁紙サイズで描いてみたんだけど…
なんてったって久しぶりに立ち上げたフォトショが動かなさ過ぎて困った!
ノロ過ぎて色がなかなかのらないし!
背景の雲をこするのも時間が掛かって掛かってしょうがなかったです…
なんで、真琴さんもかなりガッツリ丁寧に塗りたかったんだけど、
最低限の塗りに収めときました…
ああ…マジでパソの替え時やわ…

あ、もし、壁紙として欲しいんだけど画面とサイズが合わないとか、
そんな奇特な人が居ればジャンジャンおっしゃって下さい。
サイズに合わせて喜んで作りますんで。


さて、まだとりあえず全国映画館で上映してるので、
少しでも興味がある方は行ってみる事を強くお勧めしますよ!
DVDが出たら買おう…





コメント

意地の話はもっそい共感
斯く言うオレもEDロールで日本人じゃないっぽい名前が並んでるの見るとげんなりする
特に読めそうにない漢字とかが並んでると余計に
おっと……これ以上書くと彼らお得意のサイバー攻撃を受けそうだ
自重自重


PCが遅いとな?
それならHD足して、仮想3Gくらいにすれ
未だにceleronなんて使ってるオレが言うんだ
間違い無し

  • 2006/09/22(金) 15:37:23 |
  • URL |
  • みや #1L.cMLrU
  • [ 編集]

やってみるだー。

  • 2006/09/23(土) 11:17:25 |
  • URL |
  • うえぽん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://studiouepon.blog45.fc2.com/tb.php/21-60f7292e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。