うえblog

ヲタ系イラスト描きうえぽんのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーリーランド(14) 感想

格闘理論や作者である森恒二先生の経験に基づく解説が
僕らを熱くさせる一歩系格闘漫画、ホーリーランドの第14巻です。
一歩系というのは、いじめられっ子+ボクシング⇒ツヨー
というとこだけですが。
14巻は伊沢マサキ過去編の続きから。

彼も過去ユウと同じくヤンキーの闇討ちりをしていたことが判明。
なのについた二つ名は『路上のカリスマ』。
かっこよすぎですよ!
ユウの『ヤンキー狩り』とえらい違いです。
何がこの差を生んだのでしょう。
攻めか受けかでしょうか。
どうみてもユウは完全に誘い受けです。
いやファイトスタイルの話ですよ?

げんしけんや最近読んだコレの影響か、
無駄にそういう事も考えてしまいます。
末期ですか。(何の)
とはいえ男咲き乱れのこの漫画、
各種取り揃えている上に、
女顔のユウがあまりに誘い受け的行動を連発するもんですから、

(うほっこいつは…!)

と思わずにはいられません。
いや、いられないこともないですが。
ともかくユウは近付く男にはフラグを立てないと気が済まないのか、
ストーキングまでしてアタックする始末。
そして相手も陥落。
そんな格闘に関係ないアタックまで身につけてどうするんだユウ!
などと考えていたら、
今巻遂にシンのお膳立てを経てマイからのアタックが!
そしてユウ、あっさり陥落!
シンー!お前のユウがアバズレに取られるんだぞ!?
どうした、ケツの限界か!

…いや、言ってみただけです。
特に深い意味はないです。

さて、ユウも成長し、彼女までできそうになり、
ラスボスっぽい奴まで出て来て、
なんだかクライマックスな雰囲気が醸し出されてきました。
ユウにとっての聖域は街であり、
もちろん立ち向かっていくことになるでしょう。
どう話が転ぶかはわかりませんが、
とにかく最後まで見届けたい作品です。


あ、ここに書いた80%は冗談ですよ?


 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://studiouepon.blog45.fc2.com/tb.php/33-d78db459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。