うえblog

ヲタ系イラスト描きうえぽんのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏(3)感想

加速する町内怪騒動!(怪は“アヤカシ”って読んでね!)
夜桜四重奏第三巻です。

前巻の続きからなんですが、
だべっていたらいきなり奇襲。
この辺はイマイチよくわかりません。
てか、結構忘れてる設定とかが多くて付いて行くのが大変でした。
仕方ないので2巻読み返しましたが、
人物紹介をもっと詳しく書いて、あらすじなどもしっかり書いてほしいです。

町長の座を狙おうとするオッサン&助っ人?の厳ついオッサンなんですが、
なんでいきなりあんな暴走紛いなことになっているのか、
武力行使全開なのか、よくわかんないです…
そしてその説明じゃなく世界観のギミック説明に入ってしまったり。
ああいう世界観を取り入れるのは好きは好きなんですが、些かおいてけぼり感がありました。

なんでだろう…
姫が妖怪だと明かされたりもするんだけども、それぞれの解説にいまいちノりきれない感じ。
というのは、やっぱりキャラが多すぎて、感情移入がしきれていないのかも。

robotの漫画は特にそんな事もなく、素晴らしい作品だと思うんですが…
robotの作品は世界観の魅力を主軸としてキャラが動き、ストーリーが回って、
最後にフルカラーであることを最大限利用した世界観主導のギミックが発動し、
ヤスダ氏の彩色技術も手伝って視覚的満足感も得られるという素晴らしい構成となっています。
まあそれでも説明不足がないとは言えないですが、
氏の良い部分を最大限に活かした作品になっていると思うのです。

夜桜四重奏の方はストーリー、キャラ、世界観、どれが主軸なのかがイマイチ判らないというか
詰め込みすぎというかで楽しみどころがハッキリしない感じ。
このへんなんとか整理してほしいですね…

さて、前半がうだうだしてる分、
その分、後半の怒涛の展開は勢いがあっていい感じです。
相変わらずキャラが入り乱れてますが。
アオのサテライトからことはの列車砲、龍槍発現までの流れがそれぞれカッコよくて素敵。
やっぱりヤスダ氏は絵で魅せる作家なんだなあ、と再確認させられました。
それにしてもことははエロくていいなあ。
アオもかわいいけど。
ヒメがなぜか一番微妙…

それからいつものよざカル!これ読む度に
(こっちの方が読みたい…)
と思ってしまうのは男の性なのか…!?

あとがきもいつも通りいいかんじです。
ヤスダ氏のこのだらだら描いてるのは非常に好きです。
ちょー好き。
単行本を買う喜びの大きな一つがこういうだらだら後書きだと思うのです。
氏の語り口はとくにいい感じです。
龍槍まで入れたのは大正解だと思います。
まあ…こんなに長くなるエピソードなんだったら前巻のイバラミチ1から入れられたら
一番だったんでしょうけど…
その辺編集さんの仕事でしょ!

次巻は…多分決着してるでしょう。
次の大きな事件に入る前に、もう少し各自のエピソードが見れたらなあ、と思います。


うわ…今回長い…

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://studiouepon.blog45.fc2.com/tb.php/59-21f94465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。