うえblog

ヲタ系イラスト描きうえぽんのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンジマン(6)感想

これまた、発売してから大分時間が経ってしまったもんですが、
良かった作品はシッカリ書いとかないとと思いまして。


恋に生きるモテない男で地球を守るヒーロー「練児」と
そんな彼に恋してしまうスーパーアイドルで異星のプリンセス「風香」のSMラブコメディ、
打ち切られながらも堂々完結!

いやー、普段はカップルなんかを見る度に
(はいはい、カポゥカポゥ。
サッサと帰ってそのまま色んな意味で昇天しろ!!)
なんて思う私ですが、
読み終えた時には、
(恋っていいなあ…)
なんて思ってしまいました。

特にこの巻での見所である風香の告白シーン、とそこに至る流れは最高でした。

相手の事を想わずにはいられない、心が揺れるのを止められない。
それが-恋-…
(何言ってるんだ俺は)

その後の展開は締めに入る為、
早急になってしまうのが打ち切り故の悲しさではありますが、
風香に絞られるものの、心の動きの描写は依然として丁寧になっており、
寧ろその分、テーマの根幹がストレートに伝わる、という点においては
プラスに働いたようにも感じられました。

オチでも手が出てしまうのが風香の可愛い所であり、
彼女の特別な存在である証拠でもあるんですねー。
まあこのSっぷりを可愛い所と感じられるかどうかで
この作品の評価(というか好感度)は変わってくるんでしょうな。
私は基本的にMなんでキュンキュンきましたが(えー…)


…と、いうことで、打ち切りとは言えど、
作者のモリタイシさんも描きたかったことは殆ど描ききったなどと、
あとがきで書いておられたように、非常に高い次元で物語が纏められていて、
良い作品が完結したときに感じられる、一抹の寂しさと淡い高揚感を纏った、
胸に染み入るような読後感(大仰)を得ることができたと思います。

打ち切り漫画の読後感は大概モヤモヤとしたモノなんですが。

モリタイシさんクラスになると編集からワンクールほど猶予を貰えたりするんでしょうかね~。

連載初期の出だしの遅れが招いた打ち切りかもしれませんが、
作品としては十分次に繋がる素敵なモノに仕上がったように思います。


モリタイシさんの次回作にも期待してます。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://studiouepon.blog45.fc2.com/tb.php/65-7425dc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。