うえblog

ヲタ系イラスト描きうえぽんのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIBAL12(2)感想

長田さんは、なんだか好きな作家さんで、
完全に作品依存というより
作家依存で作品を買ってます。
そういう人は根本的なテーマだったり、
デザイン性や構図センスが自分好みの場合が多いです。

このTRIBAL12もデザインや構図の取り方とかがヤッパリとてもカッコイイ!

このカッコイイってのは自分が漫画を読む上で
常に見習っていきたいと思う部分ということもあって
人よりかなり重要なファクターです。
カワイイと同じくらいカッコイイは正義なのです。

さて、今巻の山場はなんといっても、
モンローの死からメガネ覚醒までの流れですよ!
正直、展開的には伏線張りまくりで、予定調和感は拭えませんが
演出や構図が素晴らしくカッコイイので自分は全然満足です。
ビジョンも素敵。
さて、ここからやっと二人の物語のスタートです。
長田さんがオズの魔法使いを基盤とした物語での本格連載は
「トト」「トト!」から続く三回目になると思うのですが、
前二回はあえなく打ち切りを食らっちゃってます。
内容も、アーティプァクトによる動物属性能力者が活躍する
異世界ファンタジーという点では全く同じ共通項があります。
しかし、前二回に比べ、よりスタイリッシュに進化したデザイン、
スピード感のある展開など
様々点で進化を遂げているので、今回が三度目の正直として、
ぜひとも完結まで突っ走って欲しい!
と切に願うばかりです。

さて、正ヒロインらしいウェンディが加わり、
オズという直球ド真ん中のキーワードも出て来て
物語も本格始動といったところ。

ここから中だるみせず、
波にのってくれ信じています~!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://studiouepon.blog45.fc2.com/tb.php/70-bcd1279a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。